EXCEL データ管理CSV

年賀状、メールアドレス、住所録等のデータをCSVで扱うことができます。

エクセルではCSVデータを直接扱うことができます。

検索機能や抽出機能などを効率よく使えば目的のデータを見つけることができます。

「郵便番号変換ウィザード」を利用すれば郵便番号から住所を自動入力できます。

 

EXCELと他のソフトとのデータのやり取りは「CSV」が使われます。

「カンマ区切りファイル」でデータベースのデータをテキストファイルとして出力します。

フィールド(項目データ)をカンマで区切り、レコードを1行とし改行で区切ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA