Excel Ceiling

商品を1ダースずつ注文する場合等、必要な数量から箱の数を計算する。

必要な「箱数」を求めるには1箱に入る数に満たない半端な数を切り上げて導く。

1箱単位に満たない半端な数を切り上げて求める。

CEILING関数を使う。

「関数の引数」ダイアログボックスの「数値」に不足分を入力し「基準値」に1箱あたりの本数をいれる。

CEILING関数の式ができ注文本数が求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA